採用情報

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. インターンシップ
  4. インターンシップ生 インタビュー

スタッフインタビュー

スタンフォード大学生

オンラインゲーム部

Stephanie Uduji

インターンシップ 2016年
所属 オンラインゲーム部
職種 ゲームプログラマー

Q1. 日本をインターンシップ先に選んだ理由は何ですか?

私はもともとコンピューターサイエンスやゲームに興味があり、インターンシップではそれらに関わることのできる企業を探していました。そのような中、日本語に中学生のころから興味もあったため、日本でインターンシップを行うことは自分にとってより挑戦できる環境だと考えました。

Q2.なぜアピリッツを選んだのですか? ?

前年インターンに参加した先輩に話を聞いたり、その企業のリリースしているゲームに触ってみたりして、最終的にアピリッツを選びました。

Q3.実際にインターンが始まって感じたこと,得たことはありますか?

私はインターンシップが開始するまで、RubyやActionScriptを触ったことがありませんでしたが、このプログラムを通して学ぶことができました。
また、実際に日本の企業で働くことで生きた日本語にも触れることができ、さらに日本語を上達したいと思いました。

Q4.インターン期間中にやりたいことなどあったら聞かせてください。

モバイル端末に関わる新しいアプリケーションのプロセスについて学びたいと思います。

Q5.これからインターンシップをしようとしている学生へ一言 お願いします。

インターンシップに参加するに当たって、「どんな経験ができるんだろう」という期待と同時に不安もあるかもしれません。ですが、あまり心配することはありません。新しい環境で色んな人に接して沢山の経験を得てください。分からないことは積極的に質問しましょう。失敗してしまうこともあるかもしれませんが、チームのみんながサポートしてくれます。